2007年11月21日

七五三の写真を撮ってきました。

「着付けの予約したA田(仮名)ですが」
「(書類をめくりつつ)A田さん?予約は〜ないですね〜」

あっちゃ〜やっちゃった。
人生に何度か十何度かは、大ポカをやらかすものだと思うが
子供の記念日にやっちゃったか!と自分を責めた。
しかしふと店員の手元を見ると、見慣れた番号が書いてある。

「あの〜これウチの電話番号なんですけども」
「え?B田さん?あら、受付したものが
聞き間違えたみたいですね、すみません〜」

良かった…。
サッとボールペンを出して書き直す店員さん。

「ええとA田さんですよね、A田さんA田さん…と」

どう見ても書かれた文字はC田だった。
A田です。とにこやかにツッコんどいた。
posted by P.J. at 09:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。