2007年07月03日

とんだ2週間

私にとってあんまりだったので記録しておこう。

月:
息子、手足にじんましん。
かゆがるのでとにかく冷やす。

火:
顔にも出てきたじんましんを小児科で見てもらい、かゆみ止めを貰う。
幼稚園から、来週の月曜に牛乳パック6本分持ってくるように連絡がある。
そんなに牛乳飲まないよ!慌ててコンビニで紙パックのお茶を2本購入。

水:
紙パックのジュースと牛乳購入。さあ飲むぞ。
幼稚園から帰ってきた息子、顔のじんましん悪化。やっぱり冷やす。

木:
息子の顔がどんどんただれてくる!
かかりつけの小児科が定休日なので、小児科兼皮膚科の院で薬を貰って休む。

金:
息子の顔更に悪化。これはとびひでは…。
昨日の病院が定休日なので、総合病院で薬を貰う。やっぱりとびひだった。
待たされるわ、紹介状無しで別料金だわ。

土:
息子の顔、多少マシに。
たまった洗濯など片付ける。頭が痛い…38.5℃。夕方から寝込む。
ダンナは釣りをキャンセルして息子と遊んでくれた。

日:
息子、とびひで口が半分しか空かない。食欲もでない様子。
熱下がらず38.5℃。気温は高いのに寒くて毛布かけて寝る。
ダンナがいて良かった…こりゃ買い物にも行けない。

月:
とびひもう少し。
自分の熱下がらず38.5℃。喉が腫れているので診療所へ。
かかりつけ医が定休日なので初めての診療所。

ネットで調べて行った1件目…
   そこにあるはずの土地にピカピカのマンションが建っていて呆然。

内科と書いてあるので飛び込んだ2件目…
   別の科メインの院なので内科だけは診ないと断られる。

総合病院(内科は紹介状無しでは診てくれない)の案内で見つけた3件目…
   やっと診てくれた。おたふくの疑いで即隔離。
   点滴を強く勧められベッドに寝かされかなり待たされる。
   ツベルクリン陽性で点滴不可。薬を貰ってそのまま帰される。

火:
とびひ良くなってきた。変な口の形で笑うクセがついている。
元気が有り余って家でとにかく暴れる。
仕方がないのでゲームの付き合いで誤魔化す。
熱多少下がるも、唾を飲むのも痛い。

水:
とびひそろそろ全快。さんざんゲームに付き合わされる。

木:
息子、幼稚園復帰。
自分は診療所に喉と血液の検査の結果を聞きにいく。
おたふくに似た症状だが、実際は違ったもよう。
うつる病気じゃなくて良かった…。

金:
まだ喉がコロコロする…。ダンナは飲み会。
夜、ネットでイベントがあったのでチョッピリ参加。

土:
ダンナ朝帰り>二日酔い

日:
5時起きで親戚と遊園地。
全快でもなかったが行きたかったので行く。
ジェットコースターは避け他のものに乗り倒す。


その後はほぼ通常モードに。大変な2週間でした。
後に残ったのは、いつもの倍散らかった家と、
牛乳パック6本分でありました。
posted by P.J. at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46451543
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。